S_7943332480356_edited.jpg

少しだけ

私たちのいるこの“まち”を

暮らしやすく

2017年12月。

バス遅延問題解決に向けて、

松本市議会で2件の請願・陳情書が採択されました。

1つは、ICカードの導入。

もう1つは、遅延状況を調べられるシステムの導入。

これらを提出したのは信州大学の大学生です。

多くの人が、不便だと思っていた。でも、行動の起こし方が分からない。

そもそも、自分の考えや意見で何かが変わるかもなんて思えない。

そういう行政に関わることは、一般市民の手ではどうにもならないだろって、なんとなく諦めてる。

ーでも、本当にそうでしょうか?ー

 

やってみたらなんとかなること、意外とあるのでは?

そう考えた信大生が友人やSNSで声をかけてメンバーを集め、

2018年4月に結成し、5月より活動を始めた学生団体。

 

私たちの、私たちによる、私たちの“まち“のための団体。

それが、CHANGEです。